IELTSライティング|タスク2の語彙は7つのカテゴリーに分けて覚える

ライティング タスク2 単語 IELTS

IELTSライティングのタスク2は、文字数も多いし何書けばいいかわからない…そんな人も多いと思います。でもそんな人も大丈夫。トピックを正しく理解して、それに合った語彙・表現を使えるようになればスコアUPが狙えます。

まずは、ライティングタスク2で使える単語を7つのカテゴリーに分けて覚えましょう!

IELTSライティングタスク2で単語を覚えるのはなぜ重要か?

ライティング2で「洗練された」英単語を使うのは、問題形式を理解することと同じくらい重要な、必須事項です。なぜなら、専門用語を正しく使うことで高スコアが狙えるから。

IELTSライティングのスコアを左右する要素の1つに、「Lexial resource」があります。IELTS日本公式ブログによると、

語彙が豊富であるか、適切であるかということです。何でも良いから難しい単語を羅列すればいいということではなくて、その文脈に適切であるかどうかも重要です。

IELTS日本公式ブログ『【IELTS受験のヒント】第19回 採点基準を把握しよう』

と書いてあり、つまりは「いい点数取りたければ、適切で正しい語彙・表現を使ってね。でも簡単な単語だけじゃなくて専門的な単語を使ってね」ということなんです(超意訳だけど)。

例えば次の文章、どちらが高スコアを狙えるかわかりますか?

  1. On the other hand, some impoverished countries suffer from dire environmental conditions.
  2. On the other hand, some poor countries suffer from very bad environmental conditions.

どちらの文章も、「一方で、非常に劣悪な環境の状態に悩んでいる貧しい国もある」という意味です。

でも1の文章のほうが専門用語や学術用語を使っているのがわかるでしょうか?当然、IELTSではこちらのほうが高スコアにつながります。

マサル
マサル

だから高得点を狙う人ほどカテゴリー別の専門用語を覚えておく必要があるんだよ!

私はこの専門用語・表現を教えてもらってから、3ヶ月でIELTSライティング7.0を達成しました。大学・大学院留学を考えている人こそ語彙力は必須です!

sui
sui

IELTSで勉強した単語は、その後の大学のレポート作成時にも役立ったので、真面目に勉強しておいて損はないはず!

それでは、次の章からIELTSライティングで使える単語についてご紹介していきます!

IELTSライティングタスク2の単語は7つのカテゴリーに分けて

ライティングタスク2のトピックについては、10個に大別される・いやいや12個だなどいろいろな意見があります。

トピックそのものはたくさんありますが、覚える単語は7つのカテゴリーに分ければ十分!わたしの先生はその7つのトピックが「Magic7」だと教えてくれました。そのMagic7のカテゴリーをご紹介します!

①Education【教育】

Education

「Education」にまつわる単語の例は次の通り。

  • Holistic approach(包括的なアプローチ)
  • Exam-oriented curriculum(試験ありきのカリキュラム)
  • Vocational school(職業訓練学校)

次のようなトピックで使われます。

  • Education(教育)
  • Children(子ども)
  • Computer(コンピューター)
Educationの単語が使える問題例①
教育システムにおいて最も重要なのは暗記である。この意見にどの程度賛成・反対ですか?
Educationの単語が使える問題例②
子どもに良き社会の一員となることを教えるのは両親の役割であるという人と学校の役割であるという人がいる。この2つの意見について議論し、自分の考えを述べよ。

②Environment【環境】

Environment

「Environment」にまつわる単語の例は次の通り。

  • 3-R system(リデュース・リユール・リサイクルのこと)
  • sustainable energy(持続可能なエネルギー)
  • carbon footprint(二酸化炭素排出量)

次のようなトピックで使われます。

  • Animal(動物)
  • Water(水)
  • Pollution(汚染)
Environmentの単語が使える問題例
近年ゴミが増加傾向にあります。この原因はなんだと思いますか?この問題を軽減するために政府は何ができますか?

③Government【政治】

Government

「Government」にまつわる単語の例は次の通り。

  • provide guidelines(ガイドラインを提供する)
  • financial burden(金銭的負担)
  • rudimentary facility(基本的なファシリティ)

次のようなトピックで使われます。

  • Law(法律)
  • Social-economic(社会経済)
  • Crime(犯罪)
Governmentの単語が使える問題例
経済成長はその国が成功しているかどうかを測るための1つの方法ではあるが、多くの人がそれ以外の指標を取り入れるべきだとしている。どのようなファクターが指標として考えられますか?その中でどれが1番重要だと思いますか?

④Technology【テクノロジー】

Technology

「Technology」にまつわる単語の例は次の通り。

  • epoch-making invention(エポックメイキングな発明)
  • life-enhancing technology(生活を向上させるテクノロジー)
  • the arrival of digital era(デジタル時代の到来)

次のようなトピックで使われます。

  • Computer(コンピューター)
  • Media(メディア)
  • Advertisement(広告)
Technologyの単語が使える問題例
コンピューターの発展は多くのデメリットをもたらしたと考える人もいます。この意見にあなたはどの程度賛成・反対ですか?

⑤Culture【文化】

Culture

「Culture」にまつわる単語の例は次の通り。

  • Indigenous culture(原住民族の文化)
  • Broaden our horizons(価値観を広げる)
  • Borderless world(ボーダーレスな世界)

次のようなトピックで使われます。

  • Culture(文化)
  • Multiculturalism(文化の多様性)
  • Travel(旅行)
Cultureの単語が使える問題例
移民はその国のライフスタイルに従うべきだと考える人がいる一方で、移民と受け入れる国両方がお互いの文化を尊重すべきだと考える人もいる。これについて議論せよ。

⑥Lifestyle【ライフスタイル】

Lifestyle

「Lifestyle」にまつわる単語の例は次の通り。

  • sedentary lifestyle(座りっぱなしの生活)
  • breeding programmes(繁殖プログラム)
  • poachers(密猟者)

次のようなトピックで使われます。

  • Sports(スポーツ)
  • Pets/ Animal(ペット・動物)
  • Travel(旅行)
  • Food(食べ物)
  • Transportation(交通)
Lifestyleの単語が使える問題例①
国際的なスポーツベントは各国に有益である。この意見についてどのくらい賛成・反対ですか?
Lifestyleの単語が使える問題例②
動物園は必要である。この意見についてどのくらい賛成・反対ですか?

⑦Health【健康】

Health

「Health」にまつわる単語の例は次の通り。

  • placebo effect(プラシーボ効果)
  • side effect(副作用)
  • addictive(中毒の)
  • alcoholic(アルコール依存症)

次のようなトピックで使われます。

  • Medicine(医療)
  • Smoking(喫煙)
  • Stress(ストレス)
  • Alcohol(アルコール)
  • Sports(スポーツ)
Healthの単語が使える問題例①
病気や疾患を減らすため、政府は環境問題と住宅問題を減らすことに焦点を置くべきである。この意見にどれくらい賛成または反対ですか?
Healthの単語が使える問題例②
治療を成功させるためには、治療法そのものよりも患者の態度が重要だと考える人もいます。この意見について議論を展開しなさい。

IELTSライティングタスク2は単語をトピックで考えないほうがいい

ここまで読んでいただき、Magic7はトピックじゃないの?と思った方もいるかもしれません。わたしの個人的な意見ですが、タスク2では「トピックは何か」はあまり考えなくてもいいんじゃないかと思います。

その理由は次の2つ。

①同じトピックでも展開する分野が異なるから

まずは問題例・構成をご覧ください。

設問①
世界の国々では、健康状態が悪いことに悩んでいる国が少なくありません。その原因と解決策はなんだと思いますか?

構成
・先進国で、コンピューターの使いすぎ(Technology)で運動をしない人が増えている(Lifestyle)→政府が対策するべき(Government)
・発展途上国では水の汚染・ゴミ問題(Environment)などで衛生面が整っていない→政府が対策するべき(Government)
設問②
治療を成功させるためには、治療法そのものよりも患者の態度が重要だと考える人もいます。この意見について議論を展開しなさい。

構成
・治療法が重要:慢性疾患は長期的な治療が大切(Medicine)
・患者の態度が重要:患者がポジティブだとプラシーボ効果もあって治癒の過程が早くなる(Medicine)・生活習慣病を治すには食生活や運動習慣(Lifestyle)など患者の努力次第

この2つの設問、どちらもトピックは医療ですが、エッセイで使う単語は全く異なります。つまり、「トピックがこれだからこの単語を使おう!」というのは役に立たないということ。

sui
sui

トピックそのものじゃなくて、自分がエッセイでどのカテゴリーについての話題を展開するかに注目したほうがやりやすいです!

いろいろなカテゴリーをミックスしつつエッセイを書いたほうが、展開的にも深みが増します。

②トピックが曖昧な問題もあるから

どういうこと?と思われそうなので、実際に私がWriting7.0を取った時の設問をご覧ください。

Space tourism has become a reality. Some people believe that the advantages of it outweigh the disadvantages. To what extent do you agree or disagree?
宇宙旅行が現実のものとなっています。宇宙旅行の長所が短所よりも上回ると考える人もいます。あなたはどの点においてこの意見に賛成・反対ですか?)

設問の最初の文字を見た途端、「ヤベえやつがきた」って思いました…。  

sui
sui

宇宙旅行なんてトピック、1回も練習してない…。

マサル
マサル

運が悪かったね。

そもそも「宇宙旅行」のトピックって何?Tourism?Technology?非常に曖昧ですよね。

でも、そんなことを考えなくても、Magic7のカテゴリーを複数組み合わせれば、構成を簡単に考えることができるんです。

  • 宇宙旅行の長所…旅行の幅が広がるTourism=Lifestyle, Culture・人々の教養が上がる(Education)
  • 宇宙旅行の短所…環境破壊につながる恐れがある(Environment)

まずはぱっとブレインストーミングをして、長所・短所をまとめて、どれだったらうまく書けそうか考えて、あとはいつも練習していたようにトピックに沿った単語と表現を使って書くだけ。

このように、カテゴリーごとの単語・表現を押さえておけば、それを組み合わせるだけなので、どんな設問でも高得点は狙えるんじゃないかなと私は思っています。

マサル
マサル

よくわかんない…と思っていた人も、勉強を始めたらなんとなく理解できると思います!

IELTSライティングタスク2は、コツを押さえて勉強すれば点数アップも夢じゃありません!Englisholic!ではこれからも役立つ記事を提供していきます。

個別のトピック及び単語・表現についてはそれぞれ別の記事で紹介するので、そちらをご覧ください!

▽全トピック共通で使える単語・表現については、こちらの記事をチェックしてみてください。

IELTSライティング|タスク2の全トピック共通で使える語彙・表現をまとめました
この記事では、IELTSライティングタスク2、特に本文パートで使いたい語彙や表現をご紹介します。何を話しているのかを明確にする接続詞・一文一文を長くするための構文などを中心にまとめますので、IELTSライティングで高スコアを狙う方は是非ご覧ください!

コメント