IELTSライティング|タスク2の結論を短時間で上手に書く方法とは?

IELTS ライティング タスク2 結論 IELTS

IELTSライティングは、結論も大切な採点範囲です。特に、タスク2では本文を書いた後に気が抜けてしまいがちですが、最後の最後まで気を抜かずに書き上げることが高スコアにつながります。

この記事では、「最後まで完璧!」と、試験官に思わせるような結論の書き方をお伝えします!

文中では、文法や単語のスペルに間違いのないよう細心の注意を払っています。が、もし自制や冠詞の間違い・スペルミス等発見されましたら、ご連絡いただけると幸いです。

ライティングタスク2における結論とは

結論は、起承転結の「結」にあたる部分で、いわばまとめのパートです。

「承」と「転」の部分で展開してきた内容を、きれいにまとめてエッセイを終わらせると言う役割があります。

  • 30〜40語くらい
  • 1パラグラフ
  • これまで書いてきたことをまとめて、問題に答える

イントロと同様、全体の20〜30%となる30〜40語にまとめるのが理想的です。

ライティングタスク2の結論は最短で終わらせるべし

結論の書き方で最初に押さえておきたいのが、「ライティングタスク2の結論は、素早く完璧に書き上げること」が重要だということ!

マサル
マサル

イントロと同じく、5分以下で書き上げるのが理想だよ。

sui
sui

個人的には、イントロよりも素早く書き上げるべきだと思っています。

結論は本文と比べてボリュームも少ないため、素早く終わらせたいところです。

ただし、「まとめなんだから、適当でいいかな」と、ついつい油断してしまい、問題で聞かれていることに答えていないなどというミスをしてしまうと、大幅に減点される可能性もあるので注意が必要。

次の章から、減点されない結論の書き方をご紹介します!

ライティングタスク2の結論でするべきこと

ライティングタスク2の結論で、しなければいけないことは次の2つです。

①それまでの意見をまとめる

それまでのパラグラフで展開してきたことをまとめましょう。

sui
sui

これについては、本文で書いてきたことを「要約」「パラフレーズ」する力が重要です。

②問題に答える

問題で聞かれていることにしっかりと答えましょう。

ライティングタスク2の問題形式は大きく分けて3つありますが、それぞれの問題に回答していないと減点されてスコアが下がってしまいます。

①意見型「Agree or disagree」

この問題の趣旨は、「自分の意見を述べよ」ということ。そのため結論で、必ず自分がどちらの意見かを述べるようにします。

\こんな感じ/

In conclusion, it is apparent that〜(意見A), however, there is no doubt that 〜(意見B). In my opinion, I strongly agree that〜(自分の意見を述べる).

②議論型「Discuss」

この問題の趣旨は、「2つの意見を起動して比較せよ」と言うこと。

つまり、結論では自分の意見を言わずただ比較してきたよと言うことを再度述べればいいだけです。

sui
sui

私はいつもどちらの意見も大切ですねっていう感じでまとめています。

マサル
マサル

あくまでも客観的に事実を述べるだけって感じだよね。

\こんな感じ/

In conclusion, it is apparent that〜(意見A), however, there is no doubt that 〜(意見B). 

③提案型「Cause & Effect」

このタイプでは、本文で述べてきたことをまとめるだけでOK。

sui
sui

要点を押さえて、コンパクトに書くことが求められます。

\こんな感じ/

In conclusion, it is apparent that〜(Cause・原因). To mitigate the impact, that 〜(Solution・解決策).
※mitigate はreduceの同義語です。

▽問題形式の違いについては、こちらの記事で詳しく紹介しているので、チェックしてみてください。

IELTSライティング|タスク2の問題形式は3つ!答え方・段落構成を解説
ライティングタスク2は苦手と感じている人が多いパート。まずは「問題形式を覚えて、正しい解答法を身につけること」から始めましょう。この記事では、それぞれの問題形式と解答法について詳しくご紹介します!

ライティングタスク2の結論で使えるテンプレ

それでは、ライティングタスクにの結論で使えるフレーズや表現、テンプレートなどをご紹介します。

これらをしっかりと覚えて、実際のテストでもすらすら書けるように身につけましょう。

パラグラフ最初のフレーズ

In conclusion
結論は
To sum up
要約すると

結論部分を始めるためのフレーズです。

sui
sui

ぶっちゃけ、この2つだけ覚えておけばいいと思います。

文中で使えるフレーズ

it is apparent that〜
〜であることは明らかだ

〜部分に、本文で述べてきたことのまとめを入れるといいでしょう。

自分の意見を言うフレーズ

In my opinion
From my point of view
I agree disagree the state
意見型のエッセイに使える、自分の意見を述べる際のフレーズです。 問題文の中で、「to what extent do you agree or disagree」と聞かれている場合は、程度を答えなければいけないので、次のような単語を出して答えるといいでしょう。
strongly/ totally/ entirely
完璧に
partly/ partially
部分的に
あとは、本文の内容を上手にまとめるだけでいいんですけれども…
マサル
マサル

それが難しいんだってば。

ちょっと例文を見てみましょうか。

結論の例文①

例えば、次のような問題があります。

Zoos are necessary. To what extent do you agree or disagree?
動物園は必要だ。あなたはどのぐらい賛成または反対ですか?

この問題に対して、本文で「動物園は動物保護の観点から重要だ」と言う意見と、「動物園の中には動物を不当に扱っているところもある」と言う意見を展開してきたとします。

その場合、結論は次のように書くことができます。

In conclusion, it is apparent that zoos have an indispensable role in the conservation of animals, but by no means should we ignore the fact that some zoos mistreat animals. In my opinion, I strongly agree the state that zoos bring a positive impact in the society.
↑ 上でご紹介した、表現やフレーズを使って結論を作っています。

結論の例文②

それでは、もう1つ例文を見てみましょう。

Many of the opinion that the Internet is inundating children with a lot of dangerous information. There is however, no doubt that the Internet present great advances in communication and dissemination of information. Discuss the effects of the Internet on children.
インターネットは子供たちを多くの危険な情報に探していると言う意見の人が多くいますがその一方でインターネットはコミニケーションと情報の普及と言う点において素晴らしい効果を出していることは疑いようがありません。子供たちえのインターネットの影響について議論しなさい。

この問題に対して、本文で「インターネットは子どもたちの教育に有用である」と言う意見と、「犯罪などの危険な情報に簡単にアクセスできてしまう」と言う意見を展開してきたとします。

その場合、結論は次のように書くことができます。

In conclusion, it is apparent that the Internet is a genuine tool for education and communication for children. Nevertheless, we cannot turn a blind eye to the excessively liberalised information and this should be treated with caution for it to deliver long-term benefits.
↑ これはあまりテンプレートを使っていませんね。この問題は議論型なので、自分の意見を言う必要はありません。そのため、2つの意見を結論部分でもう一度簡潔に述べて終わりです。
sui
sui

難しいかもしれませんが、本文を書けるようになってくると結論も上手にまとめられるようになると思います!

以上、ライティングタスク2の結論の書き方についてご紹介しました。結論は、本文をいかに上手に展開できたかによって書けることが決まるので、しっかりと本文を書けるようになることが大事です。

文を書く練習とともに、結論もスムーズに書けるように練習してみてくださいね!

▽結論の前に、まずは本文を書き上げなくてはなりません!本文を書くコツ・勉強法はこちらの記事をご覧ください。

IELTSライティング|タスク2の本文を上手に書くコツと解答例。勉強法も!
IELTSライティングの要!と言ってもいいのが、タスク2の本文です。イントロや結論と比べて、しっかりと勉強しないと高スコアはとれません。この記事ではライティングタスク2の本文を攻略するためのコツ・勉強法などをご紹介します!

▽結論と同じく、イントロも重要。イントロの書き方についてはこちらの記事をご覧ください。

IELTSライティング|タスク2のイントロを短時間で上手に書く方法とは?
IELTSライティングタスク2で、意外と軽く見られがちなイントロの段落。でもこれ、実はめちゃくちゃ重要なんです!そうは言っても、イントロに時間をかける必要はありません。この記事では、試験官を「おっ」と思わせるイントロの書き方・コツ・テンプレなどをご紹介します!

コメント