IELTSとは?基本情報やテスト内容について【はじめての人向け】

IELTS 基本情報 IELTS

「留学にIELTSのスコアが必要です」と言われて戸惑っている方も多いのではないでしょうか?そもそもIELTSって一体何?

IELTSはTOEICやTOEFLと比べてまだまだ日本では浸透していませんが、海外留学・移住には必須のテストなんです。そんなIELTSのテスト内容・受験日程など基本情報についてまとめました!

IELTSとは

IELTS(アイエルツ)は「International English Language Testing System」の略。IELTS公式テストセンターによると、

International English Language Testing System(IELTS:アイエルツ)は、海外留学や研修のために英語力を証明する必要のある方、およびイギリス、オーストラリア、カナダなどへの海外移住申請に最適なテストです。

IELTSの特徴とメリット(IELTS公式テストセンター)

とのこと。

簡単に言うと、留学・海外移住のための英語テストということですね。

TOEFLとの違いは?

留学に必要な英語のテストというと、TOEFLを思い浮かべる人も多いと思います。いろいろな違いがありますが、大前提として覚えておきたいのは「目的が違うこと」と「浸透している国が違うこと」。

  • TOEFL…「英語学習者(=英語が第一言語ではない人)」用のテストで、大学進学の際に使用される。アメリカ・カナダで主流。
  • IELTS…英語力を証明するためのテストで、留学・海外移住のために使用される。イギリス・アイルランド・オーストラリア・ニュージーランド・カナダで主流。

TOEFLは大学進学時のみですが、IELTSは留学・海外移住どちらの目的でも使われています。実際、ほとんどの英語圏でビザを申請する時、IELTSの結果が英語力の証明として認められています。

マサル
マサル

カナダでは大学進学のためにTOEFL、ビザ申請のためにIELTSとして使い分けている場合も多いらしいよ。

ちなみにIELTSはネイティブでも受験でき、進学・移住に結果を求められることがあるそうです。

sui
sui

私の知り合いは、オーストラリアのIELTS会場でアメリカ人受験者と会ったそうです。移住に提出を求められたそうな…。

▽こちらの記事にIELTS・TOEFL・TOEICの特徴・違い・点数換算についてまとめたのでご覧ください!

IELTS・TOEIC・TOEFLの違いとは?特徴とスコア換算表も
IELTSでは自分のレベルを知るのが重要。でも、TOEICならまだしもIELTSのスコアなんて知らない…という人も多いはず。そもそもTOEICとIELTSって何が違うの?そこで、TOEIC・TOEFLとIELTSの違い、点数の換算などをご紹介します!

IELTSの内容

IELTSは次の4セクションに分かれています。

  • Listening(リスニング)60分
  • Reading(リーディング)60分
  • Writing(ライティング)60分
  • Speaking(スピーキング)15〜20分

採点はスコアバンド方式

IELTSの採点は、点数方式ではなくてスコアバンド方式が採用されています。

マサル
マサル

テストのように83点とか96点とかつけられるのではなく、正答率・そのテストの平均を鑑みてスコアが決まるよ。

英検のような合格・不合格はありません。それぞれのセクションでスコアがつけられ、その合計で総合スコア(Overall)が決まります。

Overallだけを求められる場合・各セクションごとに一定のスコアを求められる場合があるので、自分はどちらなのか調べておきましょう。

こちらの記事でIELTSの目的別スコア目安を紹介しています!

IELTSスコアとレベルの関係。大学留学・移住ならどれくらい必要?
IELTSを受ける前に知っておきたいのは、自分がどのレベルか・どのくらいのスコアが必要なのか。IELTSは自分の目標スコアに向けて勉強するのが大切なんです。IELTSのスコアごとのレベル・目的別の目安スコアについて解説します。

IELTSの種類

IELTSには次の2種類のテストがあり、目的別に選べます。

  • Academic:進学用。ただ、ビザ申請時にAcademicの結果を出しても問題ない。

  • General:移住用。学校によるが、進学のためにGeneralの結果を受けつけないことが多い。

ほとんど同じ内容ですが、一部違う問題が出題されます。

AcademicとGeneralの違い

AcademicとGeneralの違いは、ReadingとWritingのTask1それ以外は同じです。

Academicのほうが、その名の通りカタい題材なので難しく感じる人が多いようです。

マサル
マサル

でもコツを抑えればAcademicでも点数が伸ばせるよ!

IELTSの会場・日程・料金

IELTSはTOEICと異なり、試験会場や日程が限られています。そのため、事前に確認しておくのが大切!

IELTSの会場

IELTSは東京テストセンターと大阪テストセンターが運営していて、管轄が違います。でもテスト内容や手続きは同じ。

IELTSの会場となっているのは日本全国16都市で、

  • 東京テストセンター:札幌 仙台 埼玉 東京 横浜 長野 金沢 静岡
  • 大阪テストセンター:名古屋 京都 大阪 神戸 岡山 広島 福岡 熊本

ちなみに、東京と大阪は1DAYと2DAY(スピーキングのみ後日受検)にわかれています。

マサル
マサル

地方在住者は最寄りの受検地まで行かなきゃいけないのがちょっと大変かも…。

IELTSの日程

IELTSの試験日程ですが、公式サイトでは「ほぼ毎週実施されています」とあります。が、会場によってまちまち。

受験者が多いと思われる東京・大阪では確かにほぼ毎週実施ですが、それ以外では月1〜2月に1回くらいの頻度になることも。

静岡や熊本はさらに頻度が落ちて、5ヶ月〜6ヶ月に1回くらいのようです。

Academicのみ実施の場合もあり

さらに、場合によってはAcademicのみ実施という日程もあります。IELTSの受験を考えている人は、早めにスケジュールを確認して申し込みするのがおすすめです。

詳しい会場・日程は、公式サイトで確認しましょう。

試験日程
IELTS(アイエルツ)の公式テストセンターのウェブサイトです。安心と実績の日本英語検定協会が運営する公式IELTS(アイエルツ)は、アメリカ・イギリスを含む世界140ヶ国10000機関が認定する海外留学や海外移住に最適な英語能力判定テストです。ここではテストの特徴や種類、お申し込み方法など、IELTS(アイエルツ)の...

IELTSの料金

IELTSの受検料金は、25,380円。英語系テストの中でもかなり高額ですよね。

sui
sui

でも、逆に「高いお金払って受けるんだからいい成績取らなきゃ!」とモチベーションも上がりますよ!

以上、IELTSの基本情報でした。受験前に自分がAcademicかGeneralか・どこでいつ受けたいのかを必ず明確にしておきましょう!

コメント